PukiWiki/1.4/Manual/Plugin/S-U



S

search

種別

コマンド

ブロック型プラグイン

重要度

★★★★★

書式
?cmd=search{ [&word=検索文字列] [&type=OR] [&base=抽出条件] }

#search( [抽出条件1 [[,抽出条件2] [,抽出条件n]]] )

概要

検索文字列の入力フォームを表示し、 指定した文字列を含むページの検索を行います。

引数

コマンド:

パラメータには検索条件を指定します。

  • word − 検索する文字列を指定します。省略時は検索条件を入力するページを表示します。
  • type − 'OR' 指定時、OR検索を行います。省略時はAND検索をおこないます。
ブロック型プラグイン:

パラメータには検索条件フォームで表示する検索対象ページの抽出条件を指定します。

  • 抽出条件1,2,…n − 入力フォームの抽出条件の選択肢を表示順で指定します。 抽出条件選択時、選択した語句で始まるページ群に対してのみ、検索を実行します。 特定のページ群だけを検索したい場合、検索処理がより早く終了します。 抽出条件を選択しなかった場合は全ページが対象となります。 省略時は選択欄が表示されず、常に全ページが検索対象となります。
プラグイン内設定

  • PLUGIN_SEARCH_DISABLE_GET_ACCESS GETメソッドによる検索を禁止する(DoS攻撃、SPAMbot、ワーム対策)
  • PLUGIN_SEARCH_MAX_LENGTH 検索する文字列として指定可能な最大文字数 (同)
  • PLUGIN_SEARCH_MAX_BASE 抽出条件として指定可能な件数の最大値

setlinebreak

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式
#setlinebreak( [on|off|default] )
概要

入力文章中の改行を改行とみなすかどうかの設定を行います。

PukiWikiが入力文章中の改行をどのように扱うかはpukiwiki.ini内の$line_breakの設定内容によって変わります(下記参照)。

入力文章$line_break=0;$line_break=1;
文章1
文章2
文章1文章2文章1
文章2

setlinebreakプラグインは該当ページの以降の行に関して、 $line_breakの設定に因らず改行をどのように扱うかを指定できるようになります。

引数

パラメータには以降の改行の扱いを指定します。 パラメータが省略された場合、改行とみなすかどうかについての設定を逆転させます。

  • on − 以降の文章で段落内の改行を改行とみなします($line_break=1と同様)。
  • off − 以降の文章で改行を無視します($line_break=0と同様)。 改行を行うためには行末にチルダを記述するか、 行中でbrプラグインを使用する必要があります。
  • default − 改行の扱いをそのサイトの$line_break設定に戻します。

showrss

種別

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式
#showrss( RSSへのパス [,[default|menubar|recent] [,[キャッシュ生存時間] [,1 ]]] )
概要

指定されたRSSを取得し、一覧表示します。

ページの解釈毎にRSSの取得を行う為、頻繁に参照されるページでshowrssを使用される場合はキャッシュ機能を使うことをお勧めします。相手サイトの更新頻度に応じてキャッシュの生存時間を適宜設定して下さい。

引数

RSSへのパスにはRSSへのファイルパスやURLを指定します。

テンプレート名には取得したRSSの表示方法を指定します。省略時はdefault となります。

  • default − 単純にページを列挙します。
  • menubar − ページ名の前に黒丸をつけます。MenuBarなど、横幅に制限にある場合に便利です。
  • recent − recentプラグインの出力のように、ページ名の前に黒丸をつけて更新日付が変わる毎に更新日付を出力します。

キャッシュ生存時間はキャッシュをクリアする期限(1時間単位)です。省略時、キャッシュ機能は無効となります。

第4引数はRSSを取得した日付を表示するかどうかを指定します。1を指定した場合は表示します。省略時は表示しません。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_SHOWRSS_USAGE エラー時に表示される使用方法
備考

動作させるためにはPHP の xml extension が必要です。

size

種別

インライン型プラグイン

重要度

★★★☆☆

書式
&size( ピクセル数値 ){ 文字列 };
概要

文字の大きさを指定します。

引数

ピクセル数値には文字の大きさを指定します。

文字列は文字の大きさを変更する文字列を指定します。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_SIZE_MAX 引数として指定可能な最大文字サイズ
  • PLUGIN_SIZE_MIN 引数として指定可能な最小文字サイズ
  • PLUGIN_SIZE_USAGE 引数未指定時に表示されるヘルプ

source

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?cmd=source &page=ページ名
概要

指定したページの整形前のソースを表示します。

引数

ページ名にはソースを表示するページ名を指定します。ページ名はエンコードされている必要があります。

stationary

種別

コマンド

ブロック型プラグイン

インライン型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式

?plugin=stationary

#stationary

&stationary(){};

概要

stationaryプラグインはプラグイン作成を試みる人のための雛形として作成されました。
stationaryプラグインは単純な文字列を表示する以外は何もしません。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_STATIONARY_MAX プラグイン内で定数定義を行うサンプル

T

template

種別

コマンド

重要度

★★★★☆

書式
?plugin=template &refer=テンプレートページ
概要

既存のページをテンプレートとしてページを新規作成します。

ページの新規作成時の雛形とするページの読込み機能との差異は、テンプレートプラグインが雛形とする範囲(行単位)に選択できるのに対して、ページの新規作成で読み込むテンプレートは全文をテキストエリアにコピーする点にあります。

引数

テンプレートページには雛形とするページを指定します。ページ名はエンコードされている必要があります。

プラグイン内設定

  • MAX_LEN 雛形の開始/終了位置を指定する欄で表示される最大文字数

topicpath

種別

インライン型プラグイン

ブロック型プラグイン

重要度

★☆☆☆☆

書式

&topicpath ;

#topicpath

概要

パンくずリスト(topicpath)と呼ばれる、現在参照しているウェブページの階層を表現するユーザーインターフェースを提供するプラグインです。

例えば

[[PukiWiki/ツアー]]
というページに#topicpathと書くと、以下の様な表記に置き換わります。
[[Top>FrontPage]] / [[PukiWiki>PukiWiki]] / [[ツアー>PukiWiki/ツアー]]

基本的には以下の2通りの使い方を想定しています。

  1. 「ほげ/ふが/げほ」など、2〜3階層以上の深いページでページの行き来をしやすくするために表示する
  2. スキンに組み込み、ページタイトル下のURLの代わりに全てのページで表示する
プラグイン内設定

  • PLUGIN_TOPICPATH_TOP_DISPLAY defaultpageを一番最初に表示するかどうか。
  • PLUGIN_TOPICPATH_TOP_LABEL $defaultpageに対するラベル
  • PLUGIN_TOPICPATH_TOP_SEPARATOR 階層を区切るセパレータ
  • PLUGIN_TOPICPATH_THIS_PAGE_DISPLAY 現在表示中のページに対するリンクを表示するかどうか
  • PLUGIN_TOPICPATH_THIS_PAGE_LINK 現在表示中のページに対してリンクするかどうか
備考

スキンに組み込む場合は、pukiwiki.skin.php の SKIN_DEFAULT_DISABLE_TOPICPATH に 0を指定して下さい。


U

unfreeze

種別

コマンド

重要度

★★★☆☆

書式
?plugin=unfreeze &page=ページ名
概要

ページの凍結を解除します。

引数

ページ名には解除するページ名を指定します。ページ名はエンコードされている必要があります。

プラグイン内設定

  • PLUGIN_UNFREEZE_EDIT 凍結解除時にページの編集フォームを表示するか

update_entities

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?plugin=update_entities
概要

CACHE_DIR/entities.dat を生成します。

entities.datはHTMLの実体参照を判定するために用いられるテーブルを格納したファイルです。普通、利用者や管理者が意識する機会はありません。

プラグイン内設定

  • W3C_XHTML_DTD_LOCATION DTDの場所
備考

配布ファイルに生成済のentities.datが付属するため、通常使用する機会はありません。


表示中ページのURL
Last-modified: 2010-10-05 (火) 04:05:44